様々な国でスキューバダイビング

青い海の中を、華麗に泳ぎながら魚とたわむれることができるダイビングは若い人だけでなくシニア世代にも人気です。

 

・ライセンスを取得すると
ライセンスを取得すると、「Cカード」が発行されます。Cカードとは技術認定証のことで、このCカードを所持していることで、様々な国でスキューバダイビングができるようになります。ダイビングライセンスを取得するには、15歳以上であり心臓疾患などの持病のない方であれば、誰でも取得出来ます。ダイビングの目的や、指導団体によって様々な種類が存在しています。ダイビングライセンスのレベルも様々で高度なダイビングスキルが要求されるものもあるほどで、かなり細分化されています。

 

・様々なダイビングライセンスの種類
オープンウォーター・ダイバーは引率なしで、水深18mまでの潜水ができるようになる、
ダイバーとしての基礎的なものです。このダイビングライセンスは必ず取得するライセンスで、全てのダイバーはここからスタートしています。ダイビング器材の購入やレンタル、レジャーとしてのダイビングを楽しむ事ができるようにもなります。

 

アドバンスド・オープンウォーター・ダイバーは、オープンウォーター・ダイバーのライセンス取得後に取ることができます。水深18m以上、30mまで潜水することが可能になる。
これによって、海中での行動範囲が広がり、より多くのダイビングスポットで、ダイビングを楽しむことができます。

 

アマチュアでの最高ランクのライセンスであるマスター・スクーバ・ダイバー。他のダイバーの見本となるだけでなく、リーダーとして引率することができます。ダイビングのプロになるためには、このライセンスを取得した後にプロ専門のコースを受講し、合格する必要があります。